早漏のお悩みをズバッと解決

早漏やペニスがたたないEDは大人として恥ずかしい

早漏は大人の男性として少々恥ずかしい体質です。
あくまでも体質であり、病気や障害ではありませんので、不安に陥る必要性は無いでしょう。
しかし、女性と性行為を進める上で大きな足枷になります。恋愛を楽しむ上で性行為は欠かせない要素です。
せっかく意中の女性と素敵な夜を過ごしても、早漏が恥ずかしいという理由だけで、性行為に全く興味を示さなければ、返って相手の女性から悪い印象を持たれてしまいます。

また早漏とEDは別々の問題です。EDはペニスがたたない体調不良であり、医薬品による治療が求められます。
一方で早漏はあくまで性行為時の射精タイミングが早過ぎる体質を指し、ペニスが自由にたたないEDとは違い、主にメンタル面の不安等が原因で引き起こされます。
仮性包茎等が原因で物理的な早漏になる方々もいますが、多くの割合を占めるのは心因性のものです。

性行為がしっかりと最後まで進められるだろうか、自分のペニスはどこかおかしくないだろうか、
といった心の奥底に秘められた不安が、本人の意図しない早すぎる射精を誘発します。
なかなか適正な射精までの時間は割り出しにくい事柄ですが、いわゆる相場として挙げられるのがピストンを開始してから5分から10分位です。
特に3分以下で精液を出してしまっている男性は、慢性的な早漏体質に陥ってしますので、自主的なトレーニングが求められます。

自慰を行う時、快楽を優先するあまり、強く亀頭や陰茎を触り続けると、脳がその射精タイミングに慣れてしまい、女性相手の性行為時も、同じような早すぎる射精を繰り返してしまいます。
自慰を進める際はじっくりと優しく亀頭をソフトタッチしましょう。
落ち着いて快楽に慣れる事、焦らない事が早漏克服のポイントです。