早漏のお悩みをズバッと解決

早漏は治らない病気ではありません

早漏は治すことができるので、あまり焦らないようにしましょう。
意識するほど早くなることが多いので、パートナーを満足させることに集中してSEXに励みましょう。
色々と雑念があるとSEXに集中できなくなるので、ひとまず早漏であることは忘れましょう。
パートナーが満足してくれるなら、3分以内に射精しても早漏とは言いません。

ただ、男性側の本音としては時間をかけて射精をしたほうが快感も強まるのが現実でしょう。
3分よりは5分、さらには7分というように持続時間が延びたほうが快感度も強くなるのです。
ただし、あまりに長くなると萎えてしまうので、気持ちよく射精できるタイミングを自分なりに把握しておくことです。

もし治すべき早漏が治らないのであれば、そのときは治療薬を使用してみるのがいいです。
ペニスに塗布するだけで亀頭を鈍感にして、射精までの時間を延ばしてくれる薬もあります。
最近は経口薬も登場しており、心身をリラックスさせることで持続時間を延ばします。
色々な治療薬があるので、まずは服用して体感をしてみましょう。
治療薬はネット通販や個人輸入代行サイトで販売されています。
最初から薬に頼るのは抵抗がある方は、早漏防止用のコンドームやジェルを使用してみるのもいいでしょう。

早漏の多くは亀頭が敏感であることで発生しますが、中高年の場合は勃起不全が原因となることが多いです。
年齢によって原因が異なってくるので、自分の早漏の原因を見極めることも大切です。
前者ならばペニスの感覚を鈍感にすれば解消しますが、後者ならばED治療薬や精力剤のほうが効果的でしょう。
本来なら勃起力が高まるほど快感も強くなってすぐに射精しそうですが、実際は逆のパターンが多いのです。