早漏のお悩みをズバッと解決

恐怖を感じ交感神経系の働きが優位になって起こる早漏

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は興奮した時に優位になる神経で、副交感神経はリラックス状態の時に優位になる神経です。早漏はこの自律神経の異常によって起こります。
セックスの時には、副交感神経系の方が優位になり、射精する時に交感神経が優位になるという状態が通常の状態となります。しかし、セックスの最中にリラックス出来ず、緊張や恐怖などを感じると、交感神経系の方が優位となり、射精のコントロールが難しくなり早漏になります。
早漏は自律神経の異常が大きな原因となっていることが多く、自律神経の異常を改善することが早漏を防止するのに重要となって来ます。
早漏を改善するために、刺激に耐えるトレーニングを行う方法もあります。
その方法とは、刺激に耐えるためにマスターベーションを行い、射精のコントロールを身に付けるという方法です。
トレーニングではマスターベーションを行う時に、射精を限界まで我慢するようにします。このトレーニングを繰り返して行くことで射精を我慢することが出来るようになって行きます。
マスターベーションは性欲処理を目的としているため、短時間で済ませてしまう人もいるかもしれませんが、「早く出さなければならない」と考えて行っていると、早漏が助長されることがあります。早漏は心因性のものが原因となることが多いので、早い時間で射精する習慣が身についている場合は、マスターベーションの際にたっぷりと時間をかけて行うことも大切です。
心理的な要因で起こる早漏の場合、心の持ち方も大事になって来ます。トレーニングを積んで行き、徐々に自信をつけていくことで改善をしていくことが出来ます。
トレーニングを行い「自分は大丈夫だ」と心の持ち方を変えることが大切です。